ホーム
本文へジャンプ     

 

  
 三升和菓子の成田家   手作りの最中と羊羹
西宮 夙川にある和菓子屋
 三升最中   
                    

 
   明治の初年、当店主の祖は餡の製法や最中種の工夫に専念苦心し、
  《最中菓子の佳品》との自信の和菓子を完成しました。これが たま
  たま名優成田屋九代目市川団十郎の趣味にかない愛用されました。
  1898年(明治31年)大阪歌舞伎座舞台開きに出演の団十郎丈が
  好物の最中菓子に三枡定紋を入れ、ご贔屓様にお配り致しましたと
  ころ大好評を得ましたので、千秋楽の後、記念として大阪で発売し
  ました。昭和のはじめ[団十郎もなか]夙川分店として西宮市に開店。
  1949年(昭和24年)屋号「成田家」となりました。
  現在は最中をはじめ羊羹・水羊羹や三笠など和菓子を一つずつ心を
  込めて手作りで製造販売しています。
   又、和風カフェ(甘味処)を併設していますので、夙川公園散策の
  ご休憩やお買い物のお帰りにお立ち寄り下さい。



西宮市 阪急夙川駅南     和風カフェ
                 成田家茶房